検索
  • alpha-as-sasebo

断熱・気密・換気について①

ここ数日、急に冷え込んできました。

九州・長崎県佐世保市と言えど、やっぱり冬は寒い…。


この寒い時期でも快適な室内環境を得るためには、まず「断熱性」を高める必要があります。

私たちは断熱材として、現場発泡型の硬質ウレタンフォーム「アクアフォーム」をご提案しています。


しかし、ただ断熱性だけ良くすればOKという訳ではありません。

中途半端な知識だけで施工すると、逆に内部結露等の恐れが高まることもあります。


そこで大事なのは「気密」と「換気」です。今回は「気密」について詳しく書きたいと思います。

(断熱・換気については、また改めて詳しく書きたいと思います)


「気密」とは「どれだけ隙間のない家か」ということです。


この気密性は、「気密測定技能者」の資格を持った第三者機関にて、現場ごとに実測しなければ数値が得られません。

手抜きやごまかしが効かない、丁寧な施工と高い施工技術が必要となる数値とも言えます。


気になる住宅会社には、「気密測定してますか?」と尋ねてみるのもいいかもしれません。

「家は隙間があった方がいいんですよー」なんて答えが返ってきたときは……ですね。



気密性は相当隙間面積(C値)という数値で表され、数値が小さいほど気密性が高いことを示します。

一般的にはC値1.0以下で高気密と言いますが、私たちは「C値0.5以下」を社内基準にしています。

下の現場では「C値0.3」という非常に良い数値で、第三者機関によると国内トップレベルの水準とのことです。


これからも「高気密」にこだわり、スタッフ・職人さん一丸となって丁寧に施工していきたいと思います。




0回の閲覧

ALPHA Architect Space
SASEBO office

株式会社アルファ建築空間|佐世保オフィス

長崎県佐世保市福石町5-11

tel. 0956-59-7677 / fax. 0956-56-3351

一級建築士事務所 佐賀県知事登録 第は-1196号

建設業 佐賀県知事許可 (般-30) 第10077号

© 2020 ALPHA Architect Space SASEBO office.

  • ホワイトHouzzアイコン