© 2018 ALPHA Architect Space SASEBO office.

  • ホワイトHouzzアイコン

ALPHA Architect Space
SASEBO office

長崎県佐世保市福石町5-11

tel. 0956-59-7677 / fax. 0956-56-3351

株式会社アルファ建築空間|佐世保オフィス

CONCEPT

 

-住宅をデザインするということ-

私たちが考える住宅デザインとは、単に表面を飾り立てる表層的なことではありません。

意匠性・素材・性能・空間といった住宅の本質的な部分を、限られたコストの中で高い次元で融合し、

永く愛せる、自分らしい家づくりを行うことだと考えます。

私たちはこのコンセプトのもと、クライアントの多様なニーズ・こだわりを尊重した、世界でたった一つの家をご提案します。

 

『意匠性』

私たちは、コンセプトを明確にし、シンプルなプラン・カタチをベースにご提案します。

シンプルなプラン・カタチは、無駄なコストを避けることができ、メンテナンスも容易になります。

プラン(内部空間)とカタチ(建物外観)は表裏一体です。間取りのパズルをしただけでは、豊かな空間や魅力的な外観はつくれません。

足し算と引き算、機能性とのバランス、敷地の特徴。これらを意識しながら、意匠性を検討していきます。

 

『素材』

私たちはまず、自然素材と人工建材のメリット・デメリットをお伝えします。

無垢材・漆喰などの自然素材=本物には、当然ばらつきがあります。施工に手間も掛かります。

タイル風の外壁材、合板のフローリング、レンガ調のビニールクロス、木目調のドア。

これらは自然素材のデメリットを避けるために生まれた、人工の建材(新建材)です。住宅会社の標準仕様となっていることが多いので、これらが「イミテーション」であると認識している方は少ないかもしれません。

新建材は新築時が一番きれいな状態で、そこから劣化していきます。しかし、自然素材は時間と共に味わいが深くなり、経年変化を楽しむことができます。

合板フローリングに触れてみたくなる人はいません。しかし、無垢フローリングにはついつい触れてみたくなる、感覚的な心地よさがあります。

自然素材と新建材のメリット・デメリットを知った上で、自分たちの家づくりに合った選択をして頂きたいと考えています。

 

『性能』

私たちは、気密性能C値0.5以下・断熱性能UA値0.6以下の高気密高断熱の仕様をご提案します。

「夏暑く、冬寒い家」では、永く愛せる家とは言えないでしょう。

冷暖房機器の能力にだけ頼った生活では、ランニングコストも馬鹿になりません。

住宅の性能は数値で表すことができます。

「夏涼しく、冬暖かい家」と「UA値0.6の家」。どちらが説得力あるでしょうか。

また、高気密高断熱だからこそ可能となるのが、吹抜を設けた立体的なプランや間仕切りの少ない開放的なプラン。

吹抜からの光が降り注ぐ、明るく広がり感のある空間は気持ちの良いものです。